直感を信じてみる

直感を殺して生きてた時があったからこそ、

我に戻ってきて、(意識的にセンタリングして)

「直感」を多少なりとも言語化できるようになった気がする。

 

直感?を信じるってどういうこと?

の状態から、

ここまで戻すのに約1年半かかった。

 

直感がわからなくなっていた頃を思い出すと、

その時何をしていたかというと、

当然、違和感を選び続けていたに違いない。

そうなのよ。

その自意識は、かなりある。

 

ってことは、直感がわからなくなっても、

違和感はなんとなく感じるもので、

違和感がないかどうか、を基準にして選んだものは

わりと安定して続いている。

 

でもね、直感で選択したものは強烈みたいで、

それが安定するかどうかは知らないけど、

強く、根強く、結びついていくんだと、信じたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です