スペンサージョンソンさんを再読した日

2020年4月、

オフィスに立ち入れなくなり、

営業活動できなくなり、

移動に制限がかかり、

やんなっちゃう!と思った時、

『チーズはどこへ消えた?』を読んでいなかったら、

今頃どうなっていたのだろうか、と思う。

 

続編である『頂きはどこにある?』

また、『迷路の外には何がある?』

そして『プレゼント』を再読したわけであるが、

 

『頂きはどこにある?』が今の自分には必要な一冊だった。

 

心の山と谷を、見出すのは自分である。

 

本質的なことを、広く多くの人がわかるように書いている本は

話の題材にもしやすいし、

童心に返ったような気分で読めるのも、またこれらの本の良い所だと思う🍎

 

英語学習にも良い。よ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です