没入したい世界観

表層的に、美術や芸術から感じるものは美しさなんだろうけど、

 

奥深くに眠っていた情動が湧き上がったものがそれだとして、

 

かの誰かは、

 

深層にある「孤独」の部分を感じるために、

 

足を運び続けていたのかなぁ。

 

「孤独」から避けて生きていたので、

 

あえて感じに、掴みにいってみようかな。

 

日本語って、主語を入れなくてもいいから、便利よねぇ。

 

避けることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です